油画・版画科月~土〈週6日制カリキュラム・土曜日は学科 or 実技選択制〉

開講教室

津田沼校昼間部〈月~金〉9:30 - 16:30
〈土曜〉13:30 - 20:30
夜間部〈月~金〉17:30 - 20:30
〈土曜〉13:30 - 20:30
千葉校夜間部〈月~金〉17:30 - 20:30
〈土曜〉13:30 - 20:30
柏校夜間部〈月~金〉17:30 - 20:30
〈土曜〉13:30 - 20:30

チバビの油画・版画科に集まる人に共通している「きっかけ」は、「絵を描くことが好き」から始まっています。

主に東京芸術大学絵画科油画専攻・武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻・版画専攻・多摩美術大学絵画学科油画専攻版画専攻等の油画科・版画科を志望する学生のためのコースです。
前期ではデッサンを中心に基礎力の見直し、強化をしていきます。まずはモノをしっかり「見る」力を身につけましょう。納得いくまで対象と向かい合い、時間がかかっても限界まで描く。見たものを見たままに描けるようになる事を体感しましょう。中期では「見る」から「観る」へ。観察力の幅を拡げ、同時に油絵具の特性と理解を深めます。色彩や絵具の表情で言葉にはできない、対象から観察した事柄や作者の内面などを魅せることが可能となります。後期は今まで培ってきた豊かな観察力と想像力、それを支える技術の両面からアプローチする事で個性を大切にしながらスキルアップし、イメージを具体化表現できる力をモノにしましょう。入試直前では想定問題もクリアされている頃です。この頃には制作の不安を解消しながら1枚1枚積み重ねた経験によって自信が生まれ、入試時間内にベストな作品を描き上げる実力がついているでしょう。もちろん上達には個人差がありますが、諦めなければ必ず「自分らしさ」が見えてきます。目標達成にむけて1年間、頑張りましょう。

カリキュラム概要

絵画表現

主に油絵具を用いて多種多様な表現を行っていきます。静物画や人物画など入試形態に合わせてさまざまな課題に取り組み、自分のイメージに合った表現を模索し追求していきます。感性を研ぎ澄まし、自身の心が振れた瞬間を相手にどのように伝えるか。〈自分を伝える力〉が求められます。

素描

見る、そして描く。基本的なことをひとつひとつ積み重ねることが素描には必要です。そのためには道具や画材をよく知り、それをどう生かしていくのが。どのような表現につながるのか学んでいきましょう。しっかりとした基礎力は将来必ず自分の味方になります。