デザイン・工芸科月~土〈週6日制カリキュラム・土曜日は学科 or 実技選択制〉

開講教室

津田沼校昼間部〈月~金〉9:30 - 16:30
〈土曜〉13:30 - 20:30
夜間部〈月~金〉17:30 - 20:30
〈土曜〉13:30 - 20:30
千葉校夜間部〈月~金〉17:30 - 20:30
〈土曜〉13:30 - 20:30
柏校夜間部〈月~金〉17:30 - 20:30
〈土曜〉13:30 - 20:30

デッサン・平面・立体のさまざまな課題を繰り返し行い、揺るぎない基盤と実践力を身に付けます。チバビでは、生徒自身の感性を各分野で存分に発揮できる創造力を身につけることを目指します。

主に東京芸術大学デザイン科、工芸科を第一志望にしている学生のためのコースです。年間を通してデッサンを中心に、平面・立体をバランスよく学習していくことで、入試までにしっかりとした実技力を完成させます。私立美術大学との併願も考えている学生のための私立美大実技対策や、弱点を補強する集中講座も行います。
基礎力はもちろん、あらゆる課題にも柔軟に対応出来る応用力を高め、1枚1枚を確認しながら着実な実力アップを目指します。
それらを踏まえチバビでは、生徒自身の感性を各分野で存分に発揮できる創造力を身につけることを目指します。

カリキュラム概要

当校ではまず、基本的な力を育成すると共に、各自の長所・短所をさまざまな角度から見据え、それに見合った課題で弱点を克服していきます。

鉛筆デッサン

物づくりの基礎体力となる観察力をつけます。物を立体として認識する力、二次元を立体的に見せる表現力を身につけていきます。

平面構成

絵具での表現力や色彩感覚を鍛えていきます。さまざまなモチーフを描いていくので、特徴を捉える力が不可欠です。また、個性が出やすい課題も多く、出来上がった作品も見応えがあるものが多いです。

立体構成

粘土や紙を使って立体作品を制作していきます。自分の好きなフォルムを探りつつ、見る人にわかりやすいかなど、コミュニケーション力も必要になっていきます。

特別実習課題

定期的に都内の美術館やギャラリーを観に繰り出したり、自然の中へスケッチ旅行に行ったりと、いろいろな企画を設けています。観る力を養い、自身のセンスを磨いていきます。