油画・版画科

OIL PAINTING油画・版画科

油画・版画科月~土
〈週6日制カリキュラム・
土曜日は学科 or 実技選択制〉

設置校 | 津田沼校・千葉校・柏校

昼間コース
授業時間
〈平日〉09:30 - 16:30
〈土曜〉13:30 - 20:30
夜間コース
授業時間
〈平日〉17:30 - 20:30
〈土曜〉13:30 - 20:30

※千葉校・柏校は、夜間部のみの設置となります。

油画・版画科

新しい『正解』を作っていく。
千葉美の油画・版画科は『個性の開放』

主に東京芸術大学絵画科油画専攻・武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻・版画専攻・多摩美術大学絵画学科油画専攻・版画専攻等の油画科・版画科を志望する生徒のためのコースです。
デッサンを中心にモノをしっかり「見る」力。そして、「見る」から「観る」へ。観察力の意味を知り、表現力の可能性をどんどん拡げていきます。これまでの個人の経験による豊かな個性と観察力・想像力を「自分らしさ」という武器にして、まだ見ぬ理想の一枚を描き上げてみましょう。

カリキュラム概要

1学期ではデッサンを中心に基礎力の見直し、強化をしていきます。まずはモノをしっかり「見る」力。納得いくまで対象と向かい合い、時間がかかってもとことん描く。
次は「見る」から「観る」へ。観察力の幅を拡げつつ、同時に油絵具の特性と理解も深めます。色彩や絵具の表情は、対象から観察した事柄や作者の内面など、言葉にはできないものを魅せることを可能にします。

2学期は今まで培ってきた豊かな観察力と想像力、それを支える技術の両面からアプローチすることで、個性を大切にしながらイメージを具体化表現できる力を掴んでいきます。

入試直前には、制作の不安を解消しながら1枚1枚積み重ねた経験によって必ず「自分らしさ」が見えてきます。目標達成にむけて1年間、頑張りましょう。

絵画表現

絵画表現

主に油絵の具を用いて多種多様な表現を行っていきます。静物画や人物画など入試形態に合わせて様々な課題に取り組み、自分のイメージに合った表現を模索し追求していきます。感性を研ぎすまし、自身の心が振れた瞬間を相手にどのように伝えるか。〈自分を伝える力〉を養っていきます。

素描

素描

見る、そして描く。基本的なことをひとつひとつ積み重ねることが素描には重要です。そのためには道具や画材の特性をよく知り、それをどう活かしていくのか、どのような表現につながるのかを学んでいきます。確かな基礎力が必ず自分の味方になります!

取材課題

取材課題

アトリエ近郊や、時には東京都内まで取材に向かい、テーマに沿ったアイディアクロッキーやドローイングを行います。その取材成果をアトリエに持ち帰り、今後の作品に反映させます。見た景色をそのまま映し出すのではなく、自身の中で一旦解釈をして、体感した様々な要素をどう作品の中に落とし込んでいくか。その研究を行うことで、自身の表現したい世界を探求し ていきます。

ページトップへ