よくあるご質問FAQ

美術予備校に通う利点はなんですか?

予備校の利点は、第一に入試でさまざまな課題やモチーフが出題されるため、それらの準備や資料が豊富であるということです。
第二に入試に対してしっかりとした講師の実技指導が受けられるということ。
そして最後に、同じ目標を持った仲間と語り合い、競い合えるということです。
千葉美術予備校の講師の強みは、美術大学の大学院などで専門的な知識・技術を身につけたベテランの講師と、直近の入試を突破して、最新の入試状況とテクニックを身に着けたフレッシュな講師とのチームワークです。
入試課題を分析して、カリキュラムに反映させ、ノウハウとして蓄積しています。
受験生の皆さんが課題を自分の力で読み解き、表現できるよう日々努めています。

高校3年生です。夏まで部活があります。美大受験対策を部活が終わってから始めても間に合いますか?

部活に打ち込んでいるのなら、運動部・文化部でも上達するのに時間が必要なのを体感したと思います。
芸大・美大入試の実技も似ていて、まず絵を描くためには、道具の使い方から手の動かし方、構図の取り方、課題の解釈など、さまざまなことを学ぶ必要があります。
ここでは「早ければ早い方が良い」と簡単に言ってしまいますが、部活などで予備校に来れない学生の皆さんは、スタートの遅さでリスクを負うことになります。
しかし、部活で得た集中力をバネに可能な限り頑張ることで実力UPは可能ですし、そのように上達してきた学生さんも多くいます。
千葉美術予備校は、そのような方の為に土日コースもあります。
夏・冬期講習と組み合わせて受講し、早めに対策を始めましょう。

美術部でもなく、全くの初心者なのですが、周りについていけるか心配です。

千葉美は、ゆとりあるアトリエ環境で、一人一人のレベルに合わせて講師が指導できるよう3校の校舎に分かれた体制をとっていますので、初心者の方でも道具の使い方からしっかりと指導することができます。
また、美術大学受験の実技対策は、高校の美術部などの経験とは少し違い、決められた短い時間の中で最大のパフォーマンスが発揮できるような訓練です。
始めは他の学生との実力の違いを感じ、少し尻込みしてしまうかもしれませんが、3ヶ月も踏ん張れば自分なりの表現が徐々に見え始めて、そのような不安を感じなくなるでしょう。

グラフィック系デザインの分野では、どのような就職先がありますか?

広告やマスコミに強い関わりを持っているのが、ヴィジュアル・グラフィック系デザインです。
広告メディア媒体はTV、新聞、雑誌、看板など広範囲にわたります。
大手広告代理店や印刷会社では、担当ディレクターが仕事全体をリードし、イラスト・写真・キャッチフレーズなどコピーライティング、文字の形を決めるタイポグラフィ、写真や文字を配置するレイアウトなどはそれぞれ専門のデザイナーが作業を分担するという分業体制が一般的です。
ただし分業とはいえ、どのパートもクリエイターとしての高度な能力が不可欠なだけに、作家的なセンスを生かし、ファインアート系の学部出身者が数多く活躍している分野でもあります。
千葉美では、ヴィジュアルグラフィック系デザインの受験にも対応しています。

美術大学にはどんな学生達が集まっているのでしょうか?

美術系と聞くと一見奇抜な格好をしていたり、昼夜逆転したような偏った生活をしていると思いがちですが、実際は休憩時間は皆で一緒にご飯を食べたり、スポーツで汗を流す普通の大学生です。
が、いざ制作時間になると一気に集中して取りかかります。
また、共通して好きな作家の展示や美術館に一緒に行ったり、クラスメート同士でグループ展を企画したりと、美術系ならではの交流も生まれます。
年齢も経歴もさまざまな種類の学生がいますが、美術という共通点があるので、卒業後も生涯にわたって意義のある友人関係や人脈が築けるでしょう。
そこで築いた繋がりが、その後の制作や作品に深い影響を与えます。

美術大学の入試において、一般入試と推薦入試はどのように違うのでしょうか?

一般入試は、試験当日の学科や実技の出来で合否が決定するのに対し、推薦入試はさまざまな形態があり、同じ名称の推薦形式でも実態は大学によって求められる内容が違います。
一般と推薦の大きな違いは、受験時の学科や実技能力を問われるか否かです。
一般入試では実力、推薦入試では将来性や熱意が問われると考えられています。
自己推薦入試では、ファイル提出や面接等の自己アピールによって判断されます。
成績というよりも部活での成績、取得した資格等が重要視されます。
AO入試では、志望理由書や面接等により出願者の個性や適性に対してさまざまな角度から評価をされます。
公募推薦入試では、高校の成績や資格などを重視し、作文や小論文、面接、学力試験等で評価されます。

その他の質問、具体的な各科の進路についてや美大受験の学科対策について、芸大・美大の近年の様子、千葉美のアトリエ環境や申込みについてなど、千葉美HP内の美大受験FAQからご覧いただけます。
また記載にない質問にも随時ご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。